フィラリア症の症状|カルドメックでフィラリア撃退!意外な方法で誰でもすぐ買えます

カルドメックでフィラリア撃退!意外な方法で誰でもすぐ買えます

フィラリア症の症状

白い粉薬の調合

カルドメックは日本でよく処方されているフィラリア予防薬ですので、犬を飼っている人ならぜひ知っておきたい医薬品になります。
海外でもカルドメックは人気が高く、よく使用されているのですが、海外ではハートガードプラスという名前で流通しています。
同一の医薬品ではあるのですが、このように海外と日本とで呼び名が違うので覚えておきましょう。

フィラリア症は、寄生虫であるフィラリアが犬の体内に寄生することで起こる病気です。
蚊が犬から血を吸おうと接触したとき、蚊の体内に寄生していたフィラリアの幼虫が犬へと寄生先を移すのです。
フィラリアが揚州の頃はまだ目立った症状は出ないのですが、犬の心臓部や肺動脈で成虫にまで成長されてしまうのが問題なのです。
フィラリアの成虫は長い糸状の体をしており、人間が肉眼で確認できるほどのサイズになります。
そんなサイズの寄生虫が血管内で成長してしまえば、当然血流を阻害してしまうことになります。
血液がうまく流れなくなることにより、呼吸困難や過度な咳、血尿などを引き起こしてしまうのです。
また、血液の流れがあまりにも悪くなってしおまうと、犬が命を落としてしまう危険もあります。

飼い主としてはなんとか防ぎたい病気なのですが、フィラリアがいつ感染したのか、犬の体内でどこまで成長しているのかは確かめようがありません。
そのため、症状が出て初めてフィラリアが感染していることに気づく人がほとんどです。
そこで、こうした症状が出る前にカルドメックを投与し、フィラリア症を予防してあげましょう。

↑ PAGE TOP